4年生のページ
4年生の様子
1234
2019/12/25

ぼく・わたしの好きな場所

Tweet ThisSend to Facebook | by administrator
 国語科で「思誠小学校の中で自分が好きなところ、おすすめなところをリーフレットで紹介しよう。」という学習をしました。
 すると、お気に入りの遊具がある運動場、静かに過ごすことができる景色のきれいな梅ヶ丘、大好きな図工ができる図工室など、個性あふれる紹介リーフリットができあがりました。
    
(写真はすべて児童が撮ったものです!)
 普段何気なく生活している中で、子どもたちはたくさんの思誠小学校の良さに気がついているものなのだと、改めて子どもの感受性の豊かさに驚かされました。

 中には「思誠小学校自体が自慢!」という子もいました。
3学期も、一緒に楽しく勉強したり、遊んだりして、もっともっと学校の良いところを見つけていきたいと思いました。
14:50 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/12/25

頑張り抜いた音楽会

Tweet ThisSend to Facebook | by administrator
 11月7日(木)、小中合同音楽会があり、合唱「ぼくはここにいる」、合奏「Paradise Has No Border」を発表しました。
 音楽会に向けて、合唱では大きな澄んだ声で歌えるよう、合奏では迫力のある合奏になるよう一生懸命取り組みました。 


 本番では見事にやり遂げ、達成感のある表情をしていました。
 音楽会を通して、なかなか思うように演奏できず何度もくじけそうになりましたが、歯をくいしばって練習することの大切さを学びました。また、みんなで一つのことやり遂げる達成感を味わうことができました。頑張り抜いた子どもたちに拍手です!
14:26 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/09/26

学びを深めた消防署見学

Tweet ThisSend to Facebook | by administrator

 9月25日(水)、消防署見学へ行きました。

 どの子も話を聞く時には、メモをワークシートいっぱいにとり、積極的に質問するなど興味深そうに消防士さんのお話を聞いていました。

 また、実際に消防服を着たり、道具にふれたりするなど、体験的に学ぶこともできました。

 とても重たいホースを抱えて100m走ることがあると話を聞いて驚いていました。

 座学だけでなく体験的に学ぶことで自分たちの安全なくらしを守ってくれているということを肌で感じ、その重要性や消防署の方々の努力や工夫をしっかりと学習することができました。

 消防署の皆様、お忙しい中、消防署の細かな説明や案内とともに様々な体験をさせていただきありがとうございました。


17:05 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/06/18

全国小学生歯みがき大会

Tweet ThisSend to Facebook | by administrator

 6月6日、歯と口の健康週間にあわせて全国小学生歯みがき大会がありました。この歯みがき大会では、全国の小学生が映像を見ながら歯周病のチェックの仕方や、歯みがきの仕方についてクイズ形式で学んでいきます。

 子ども達は、鏡を使って、自分の口の中の様子を観察したり、歯みがきの仕方をチェックしたりしながら、歯ブラシで歯をみがいていきました。
 しかし、これで終わりではありません。なんと歯ブラシだけでは、歯と歯の間の歯垢は落としきれていないのです。

 そこで、デンタルフロスの登場です。鏡をのぞき込みながら、丁寧に歯垢を落としていくと子ども達はさわやかな表情をしていました。
 このように歯ブラシとデンタルフロスを上手に使い分けると、歯と口の健康を保つことができるということを学ぶことが出来ました。 

 

 


19:57 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/01/28

手話体験

Tweet ThisSend to Facebook | by maker
手話のこと分かったよ!

 4年生では、総合的な学習の時間に福祉について学習しています。
1月17日には、手話体験をしました。社会福祉協議会の方と手話サークルの方に来ていただき、福祉、ボランティア、手話について詳しく教えていただきました。






 また、実際に日常生活で手話を使われている方と交流したことで、「どうすれば伝わりやすいのか」とか「どんなときに声をかけてほしいのか」など、具体的に教えていただくことができました。

 子どもたちは、自分の名前やあいさつ、日常会話で使える言葉などを教えてもらい、一生懸命に練習していました。




 体験の後子どもたちは、
「街で見かけたら手話を使って話をしてみたい。」
「困っている人がいたら、手助けしたい。」
「もっと手話を覚えたい。」
とたくさんの感想をもっていました。
これから、福祉についてもっと知りたいことを調べて、まとめる予定です。

 

 

 


18:02 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/10/17

秋季遠足

Tweet ThisSend to Facebook | by maker
秋の遠足

10月5日の遠足で、倉敷自然史博物館とライフパーク倉敷に行きました。
今年は、3年生と一緒に行くということで、
「マナーやルールを守るお手本となれるよう頑張ろう」と、
上学年として気合いを入れて出発しました。
天気が心配でしたが、見事に秋晴れで、楽しい一日を過ごすことが出来ました。

自然史博物館には、生き物や植物など自然の展示が様々あり、
触れたり、観察したりすることができ、新しい発見も多かったようです。



ライフパーク倉敷では、科学の不思議をたくさん体験することができました。
どちらの施設でも、3年生とのグループでまわりましたが、4年生らしく、下級生を引っ張っている様子を見て、頼もしさも感じられる遠足となりました。


19:23 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2018/09/27

グランドゴルフ交流会

Tweet ThisSend to Facebook | by maker

楽しかったよ グラウンドゴルフ大会!


8月30日にグラウンドゴルフ交流会が行われました。
グラウンドゴルフ協会、新見公民館、社会福祉協議会の方とともに、
楽しく交流することができました。教えてくださったみなさんはとてもうまく、
子どもたちからは、「すごーい!」「うまい!!」「おしい」といった声がたくさん聞こえてきました。



残念ながらホールインワンは出ませんでしたが、子どもたちはグループの友達やグラウンドゴルフ協会の方々と共に、いきいきとプレーすることができました。


18:37 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/06/07

ゴミの行方

Tweet ThisSend to Facebook | by maker
    

クリーンセンター  最終処分場 

                へ見学に行ったよ!!



6月5日と7日に、1組・2組に分かれてクリーンセンターと最終処分場へ見学に行きました。
社会科の「ごみの処理とその活用」という学習の一環です。
教科書で調べたごみを燃やすしくみや、働いている人の苦労などを、実際に見たり、聞いたりしながら学習しました。




クリーンセンターのごみピットを見て「うわぁ~」と歓声をあげ、処分場の、粗大ごみを細かくする機械(破砕機)を見て目をまん丸にしていました。
また、「ごみの処理で困ることはありますか」や「えんとつが長いのはなぜですか」など、たくさんの質問が出ました。働いている方からお話を聞いたことで、より深く学ぶことができました。
この学習をきっかけに、ごみを減らさなければいけないなぁという意識ができたようです。
17:27 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/05/25

春の遠足

Tweet ThisSend to Facebook | by maker
 
春の遠足に行ってきました!

5月2日に春の遠足がありました。
小雨が降る中でしたが、元気に憩いとふれあいの公園へ向かいました。
4年生は、グループに分かれてグラウンドゴルフに挑戦しました。





初めて挑戦する児童もおり、ボールがあっちへ行ったりこっちへ行ったりして
なかなかゴールにたどり着きませんでしたが、どのグループも大変盛り上がって、グラウンドゴルフを楽むことができました。
雨が降ったので、予定より早く終わりましたが、十分に楽しめたようでした。





あいにくの天気でしたが、4年生の元気パワーで、楽しく過ごすことができました。
保護者の皆様、準備や、愛情いっぱいのお弁当をありがとうございました。
17:14 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/01/11

盲導犬について

Tweet ThisSend to Facebook | by maker

 盲導犬ってすごい!
 12月13日に、新見ライオンズクラブ、日本盲導犬協会、新見市在住の盲導犬ユーザーの安達さんに来ていただき、盲導犬について学習しました。
 4年生は、総合的な学習の時間に、福祉について学習しています。体験学習の第2弾として、盲導犬や視覚障がいについて学習しました。
 安達さんからは、実際の盲導犬との生活や盲導犬と過ごして感じていることなどを聞きました。
「盲導犬が仕事をしているときは話しかけないで。ユーザーの人が困っている様子のときは声をかけてくれるとうれしいです。」
というお話もありました。

      

    

 盲導犬協会の方からは、盲導犬の仕事などについて教えてもらったり、実際に、盲導犬と一緒に歩行する体験もさせてもらったりしました。盲導犬との歩行体験をした児童は、ドキドキしながらコースを歩きましたが、盲導犬と歩く早さを合わせるのが難しかったようでした。
 盲導犬は何でもできる犬なわけではなく、歩くことのサポートをするだけなのだということや、日本で盲導犬を待っている人は3000~4000人いるが、全国には1000頭ほどしかいないということなど、初めて知ることが多く、児童は盲導犬や盲導犬ユーザーの方の生活についてよく知ることができました。

17:22 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
1234