学校の概要
本校の学区は、岡山県北西部にある新見市のほぼ中央に位置する。
緩やかな山間を流れる明智川(高尾谷川:県内の三大河川の一つ高梁川の支流)に
沿って家並みが続き、ゆったりした雰囲気が学区を包んでいる。
地域の人々の努力のおかげで水の美しさが保たれ、毎年6月頃になると、明智川に
無数の蛍が飛び交う。
この澄んだ水を使って、古くから盛んに和紙が作られてきた地域である。

学区の世帯数は約490世帯で、人口は約1,250人、そのうち児童のいる世帯は41世帯である。学区は、明智川の上流まで続いていて人家も点在しているが、児童のいる世帯は、学校を中心にした半径1キロメートルの円内に収まってしまう。

平成10年春に、近くに介護老人保健施設が開設されたのをきっかけに、児童は、地域の諸施設や団体と積極的に交流を重ねている。

平成22年より総務省「地域雇用創造ICTプロジェクト事業」を受けて、各教室にIWB(電子黒板)と児童全員にタブレット端末(iPad)が、配備された。


 
学校の様子
お知らせ >> 記事詳細

2019/06/25

6年生理科授業

Tweet ThisSend to Facebook | by administrator
 6月25日(火)、5.6校時に公開授業がありました。これは小学校教育研究会理科部会新見支部主催の公開授業、6年生「月のうごき」でした。「どうして月は日によって見える形がちがうのだろう」という疑問から、自分たちで実験方法を考え、実験し、考察していく、というものです。6年生は光源装置と月に見立てたボールを動かしながら、一生懸命結論を出そうと頑張りました。地球や太陽、月、更には宇宙に興味をもったでしょうか?

これから、課題について学習を深めます。

自分で考えた実験方法を発表しました。

光源装置と黄色いボールを使って実験を進めます。

班ごとに協力して学習を進めていきました。
15:30
児童数
 学年
男子 
女子 
合計
 1年生
448
 2年生
6814
 3年生
426
 4年生
7310
 5年生
8715
 6年生
2
4
6
 合 計
312859