学校の概要
本校の学区は、岡山県北西部にある新見市のほぼ中央に位置する。
緩やかな山間を流れる明智川(高尾谷川:県内の三大河川の一つ高梁川の支流)に
沿って家並みが続き、ゆったりした雰囲気が学区を包んでいる。
地域の人々の努力のおかげで水の美しさが保たれ、毎年6月頃になると、明智川に
無数の蛍が飛び交う。
この澄んだ水を使って、古くから盛んに和紙が作られてきた地域である。

学区の世帯数は約490世帯で、人口は約1,250人、そのうち児童のいる世帯は41世帯である。学区は、明智川の上流まで続いていて人家も点在しているが、児童のいる世帯は、学校を中心にした半径1キロメートルの円内に収まってしまう。

平成10年春に、近くに介護老人保健施設が開設されたのをきっかけに、児童は、地域の諸施設や団体と積極的に交流を重ねている。

平成22年より総務省「地域雇用創造ICTプロジェクト事業」を受けて、各教室にIWB(電子黒板)と児童全員にタブレット端末(iPad)が、配備された。

平成29年度より、学校運営協議会制度を導入し、運用を始めた。

 
学校の様子
お知らせ >> 記事詳細

2020/11/13

プログラミング発表会参加

Tweet ThisSend to Facebook | by administrator
 5年生は、新見市プログラミング発表会に参加しました。今年はコロナ禍でZOOMによる遠隔発表となり、本校多目的室からPepperのプログラミングを披露しました。
 参加校は、本校と神代小、野馳小の3校のみでしたが、いずれも工夫を凝らしたすばらしい発表でした。

発表は、コロナ禍でホテルなどに隔離された人をクイズやダンスで癒やし、元気を出してもらうプログラムです。

プログラム、パソコン操作、台本作りなど、5年生全員の力で発表を盛り上げます。

無事に終わってほっと一息。ご苦労様でした!
17:54
児童数
 学年
男子 
女子 
合計
 1年生
448
 2年生
459
 3年生
6814
 4年生
415
 5年生
639
 6年生
8715
 合 計
322860