学校教育目標

こにこと なやかに考え
  まん強く くましい子ども」



 
めざす児童像


 に に
こにこと生活できる子ども
 
し しなやかに考える子ども
 が がまん強くやりぬく子ども
 
た たくましく元気な子ども





 
本年度の具体的な目標
学校経営の方針
  (1)楽しい学校
 ①「あいさつ」「返事」の響く学校
 ②笑顔があふれ「おもいやり」を大切にする学校
 ③自信とやる気に満ち、自己の成長が感じられる学校
 ④職員が「学校を楽しむ」雰囲気のある学校
(2)がんばる学校
    ①職員も児童も向上心のある学校
    ②きまりを守り、けじめのついた言動ができる学校
    ③児童がお互いに伸びていく学校
(3)任される学校
    ①保護者や地域からの信頼の厚い学校
    ②地域に関心と誇りを持ってもらえる学校
    ③保護者や地域と連携を図りながら「共育」に
  あたる学校
◎指導の重点 
  日々満足し、楽しい学校生活
  ◎柔軟な発想で考え、よくわかる授業が展開
   される
  ◎落ち着いた環境の中で、好ましい人間関係
   ができる
(1)『主体的な学びができる児童の育成』《知》
 ○児童が「分かった」「できた」と実感し満足できる
  授業を展開する。
 ○個に応じた指導を工夫し、基礎的、基本的な内容
  の確実な定着を図る。
 ○正しい言葉遣いで話したり書いたりし自分の考え
  や思いを的確に伝えることができる。
 ○ICT機器を有効に活用した授業ができる。
 ○家庭学習の習慣化を図る。
    ○職員は授業の改善を目指した研修の充実を図る。
(2)『心豊かで思いやりのある児童の育成』《徳》
 ○担任と児童、児童相互に心の通った関係づくりを
  し、日々穏やかな生活が送れるようにする。
  一人の児童を全職員で見守る気持ちを持つ。
 ○しなやかに考えて対応できる柔らかさと困難にめ
  げない強さが身に付くようにする。 
 ○計画的、系統的に学校行事や体験活動や交流活
  動を行い、児童の「生きた」力を育てる。
 ○人権意識の高揚を図り、おもいやりのある言動で
  学校生活を楽しむ心情を育てる。
    ○本にかかわる時間を充実させ、自ら進んで本にか
  かわる態度を育てる。
(3)『心も体もたくましい児童の育成』《体》
 ○進んで体力の維持、向上に努める。
 ○心と体の健康づくりのため「素直な心」「一生懸
  命に最後までやり遂げる」「病気やけがを防ぐ自
  己管理」を意識した指導を行う。
 ○家庭との協働により正しい生活習慣や食習慣が
  実行できるようにする。
 
 
児童数(令和3年度)
 学年
男子 
女子 
合計
1年生
11
2年生
3年生
13
4年生
5年生

6年生
12
 合 計
3128 59
(令和3年8月30日現在)