学校教育目標
未来を拓く,たくましい新砥っ子の育成
 
本年度の具体的な目標
 
【目指す児童像】
       ・・・・(徳)愛情いっぱい
                    愛される子
          人や生き物・自然を愛する子
            感性豊かな子
          あいさつができる子
          明るく温かい子
          思いやりのある子
 
     ・・・・(知)らしさ磨いて
                    個々の力・個性を認める子
          意欲的に学ぼうとする子 
          粘り強くやり抜く子
       ・・・・(体)共に拓く子
                    夢(自己実現)に向かって,高め合う子
          協働する子
             仲間と力を合わせて伸びようとする子

【目指す教職員像】
          対話・協働・調和

【目指す学校像】 
     ○個を生かし生きる力を育む温かい学校
     ○家庭・地域を愛し,元気にする学校
     ○自らの成長を実感できる学校   


 
重点経営目標

1 確かな学力を育成する
 ○岡山型学習指導の徹底により,主体的・対話的で深い学びづくり
  を実践する。     
 ○授業と家庭学習の学びの連続性を重視し,個に応じてスパイラル
  に基礎学力の定着を図り,自ら学ぶ力を伸ばしていく。
   (自主学習ノート,基礎学力定着プリント等の活用)      
 ○児童が自分の考えをもち,進んで表現し伝え合う場を工夫するこ
  とにより,授業改善を図る。
 ○主にICTの利活用を通して,プログラミング的思考力の育成を図
  る。 
  

2 しなやかな心と体を育成する
 ○「あいさつ・安全・後始末・あと一つ」の4つの「あ」を重点と
  したキャリア形成を推進する。
 ○「課題・活動・振り返り」を通して自己肯定感を高め,豊かに関
  わり学びを深める児童を育成する。
 ○朝運動(マラソン・縄跳び・一輪車等)を奨励し,体力づくりを
  推進する。     
                                                            

3 地域と共にある学校づくりを行う
 ○CSを中心とした地域連携体制のもと,さらなる教育活動の充実と   
  発信,学校経営の改善に努め,学校力を高める。
 ○保護者や保幼小中と連携し,「早寝,早起き,朝ご飯,家庭学習
  運動」の習慣化を図る。 
 ○「ふるさと学習」を推進し,ふるさとを愛し,貢献しようとす
  る児童を育成する。  


4 
 協働的・機動的な組織づくりを行う
 ○学校経営参画意識を高め,組織人としての自覚をもち,力量向上
  のため研究と修養に励む。
 ○報告・連絡・相談・確認の徹底により,機動的な協働体制をつく
  る。
 ○教職員の危機管理意識を高め,安全安心な居心地のよい環境をつ
  くる。

 
児童数
 学年
男子 
女子 
合計
 1年生



 2年生



 3年生


7
4年生

4

5年生



6年生
4


 合 計
17
14
31