学校長の挨拶

               

あたりまえのことが あたりまえにできる!

 緑鮮やかな若葉の好季節を迎えました。保護者・地域の皆様にはますますご健勝にてお過ごしのことと拝察いたします。本年度も引き続き、よろしくお願いいたします。
 さて、平成30年度の新しい学年がスタートして早一月近くが経過しました。2年生以上の子ども達は、一つ学年が大きくなって、4月6日の始業式に臨む態度の端々から上級生としての自覚が伝わってきました。また、10日には入学式があり、かわいい新1年生が4名入学して全校児童37名が勢揃い。職員19名とともに井倉小学校の新年度をスタートすることができました。
 始業式で子ども達に、「井倉っ子は、あいさつや返事・履き物揃えなど、あたりまえのことがきちんとできる人が多くなって、とても素晴らしいです。これは、なかなかできないことですよ!。」という話をして、今年はもっともっと”あたりまえのことがあたりまえにできる”井倉小学校にしていきましょう!と呼びかけました。ここ数年、お陰様でいろいろな機会に「井倉っ子はあいさつがよくできて気持ちがいい。」というお褒めの言葉をいただくようになりました。他にも”あたりまえのこと”は身の周りにたくさんあります。それらも疎かにせず、”あたりまえにできる”ようみんなで頑張る井倉小学校にしていきたいと思っています。
 学校では、よい習慣が本当に定着するまで今年度も粘り強く取り組んで参ります。「やって見せ、言って聞かせて、させてみて、誉めてやらねば人は育たじ。」(山本五十六の言葉の一部)という姿勢で引き続き頑張りますので、ご家庭や地域でも”あたりまえのことがあたりまえにできる”子をしっかり誉め・認めてやってください。ご支援・ご協力の程、どうぞよろしくお願いいたします。
               

井倉小学校 校長 横山 克巳


 
歴史・概況
明治     6年     創立(民家を借用)移転 唐光寺(千間)
   10年 9月  新築移転(中井倉)井倉小学校と称する。その後,誠徳学校と改称する。
   20年 4月  井倉簡易小学校と改称する。
   24年 4月  尋常石蟹郷小学校井倉教場と改称する
   26年10月  井倉尋常小学校と改称する。
昭和    2年12月  新築移転する。(現在地)
    3年 4月  井倉尋常高等小学校と改称する。高等科を併設する。
   16年 4月  井倉国民学校と改称する。
   22年 4月  石蟹郷村立井倉小学校と改称する。
   29年 6月  新見市立井倉小学校と改称する。
   43年 4月  新見市立井倉幼稚園の開園により教室の一部を貸与する。
   51年 5月  校舎改築,併せて創立百周年記念式典を行う。
   59年 3月  体育館を新築する。
   61年10月  視聴覚教育研究発表会を行う。
平成    14年 4月  法曽小学校と学校統合をする。
   15年 3月  金銭教育研究発表会を行う。
   15年 4月  含翠小学校と学校統合をする。
   22年 4月  特別支援学級開設



 
校歌
井倉小学校校歌

                     作詞 間野 捷魯
                     作曲 新田 左武郎

  一、 阿哲峡  みどりこぼれて
    そそぐ日に  輝きながら
    清らかに  流れる川よ
    ああみんな  井倉の子ども
      きれいな心で  すなおに伸びる

  二、 あの山は  白い岩山
    青空に  並び立つがけ
     雨風に  ゆるがぬ強さ
       ああみんな  井倉の子ども
     くじけぬ力で  元気に伸びる

  三、 今日もまた  岡の校舎に
      ほがらかに  うたごえひびき
    黒土に  足並みはずむ
     ああみんな  井倉の子ども
     平和な日本の  明るい子ども


 
アクセスマップ
フォトアルバム
オンライン状況
オンラインユーザー2人
ログインユーザー0人
登録ユーザー3人
児童数
 学年
男子 
女子 
合計
 1年生

3

1

4 
 2年生

0

4

4
 3年生
410 
4年生

2

1

3
5年生
    6  

0

6
6年生
5
     
5

10
 合 計
22
15
37