オンライン

オンラインユーザー3人
COUNTER255699
コンプライアンス
コンプライアンス(5月20日)
本校職員の法令遵守、規律保持を目的とし、
本校では校内規定を設定しています。
  Taro-令和2年度校_内_規_定(哲多中.pdf
 

運動部の活動方針

 令和3年度の運動部活動方針を紹介します。新見市が示す、「運動部活動の在り方に関する方針」に基づいて策定をしています。保護者の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
令和3年度哲多中学校の運動部活動に係る活動方針.pdf
 
図書の魅力を伝えたい  図書集会
図書集会(11月19日)
 11月19日(金)、図書委員会が、深まる秋にもっと本に親しんでもらおうと、図書集会を行い、全校生徒に図書の魅力を伝えました。
 図書委員おすすめの新着図書の紹介では、様々なジャンルの本を取り上げ、それぞれの本について、委員の感じた魅力を言葉にしました。委員による絵本の読み聞かせでは、少ない文字数でたくさんの想像や感情を生み出す絵本の魅力を伝えようとする丁寧な朗読に、みんな耳を傾けました。図書室クイズは「へ~」っと意外と知らない図書室の秘密や利用の実態などが分かり、図書室への親しみを増すことに一役買いました。集会最後には、委員による手話が披露されました。歌の動画を流しながら、その歌詞を手話で表現するものです。文字と同様、言葉を伝える手段となる手話は、その動作の具合により、情報とともに気持ちを表します。言葉と図書の魅力を伝えてくれた図書委員会のみなさんありがとうございました。
        
 
託された思いを胸に新たなスタート 生徒会新旧引き継ぎ式。
生徒会新旧引き継ぎ式(10月14日)
 10月11日、生徒会役員選挙が行われ7人の生徒会新役員が選出されました。そして、10月14日(木)、全校生徒参加で新旧新役員の引き継ぎ式が行われました。それまで旧役員が並んだ位置に立つ新役員。初々しい新役員の司会進行により、旧役員が全校生徒の前で一人ずつあいさつをしました。生徒会役員となって学んだこと、後輩へ託す思いなどを堂々と語る旧役員の表情には、やり遂げた充実感が表れていました。新役員は生徒会長が代表であいさつをしました。緊張した面持ちで全校生徒の前に立った新会長は、自身の公約を再確認し、「生徒会執行部、生徒全員と意見を交わしながらよりよい生徒会、学校を築く」と新生徒会の船出のあいさつをしました。引き継ぎ式の後、新メンバーでの専門委員会を行いました。
       
 
人の言葉に耳を傾ける 学ぶ姿勢を共有 
校内弁論大会(10月5日)
 10月5日(火)、校内弁論大会(図書委員会主催)を開催しました。9月の学級弁論大会で選出された学級代表各2名が参加をし、学級弁論からさらに深めた内容で弁論を行いました。今回の弁論の多くは、家族や友人、先輩など、身近な人とのかかわりを通して得られた、新しい価値観や生き方への気づきが語られました。様々な悩みに真剣に向き合うさ中に、解決の糸口や勇気を与えてくれた身近な人への感謝を込め、堂々と自分の経験と学んだことを語りました。講評では、国語科担当が、すべての弁論に共通した「人の言葉に耳を傾け、学びを得た姿勢」について触れ、弁士を讃えるとともに、真剣に弁論に耳を傾けた聞き手の姿勢にも評価を与えました。
 審査の結果、3年生女子が学校代表に選ばれ、10月29日の新見市国語弁論大会に出場します。
<弁論論題>
1年男子「これからの僕」
    (悔しかった小学校ソフトボール大会。これから僕は野球でやり遂げる)
1年女子「相手を知り楽しい人生を送るために」
    (辛い時も前向きな姉。「人生楽しんだ者勝ち」姉のことばが勇気に)
2年女子「友達のカタチ」
    (友達との心地よい距離って。どんな名言より心に響いた母のことば)
2年女子「諦めなかった先に救える命」
    (院内保育士への夢。あきらめず目指した先に、きっと救える命がある)
3年男子「兄弟と自分」
    (末っ子で兄姉に比べダメな自分。ある日、テスト勉強方法発見で自信を)
3年女子「自分と戦う」
    (運動苦手。部活消極的。そんな自分が最後の総体に燃え、仲間と感動)
         
 
前期生徒会活動を振り返る
生徒会専門委員会(9月15日)
 9月15日(水)生徒会専門委員会を行い、3年生がリーダーを務めた前期の活動について振り返り、後期への申し送りを確認しました。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため中止や変更になった活動もありましたが、各委員会の活動が果たした意義も確認しながら取り組みの成果と課題を整理しました。3年生からメインを引き継ぐ1・2年生から、後期活動への提案もありました。自分たちで課題を見つけ、解決に向けてできることを探り、試みる生徒会活動の発展を。
    
 
学び舎に103日分の感謝を込めて 1学期大掃除
1学期大掃除(7月16日)
7月16日(金)6時間目、全校生徒で大掃除を行いました。日ごろ十分できない箇所の汚れを取りきれいにしました。放課後は、美化委員によって各教室にワックスがかけられました。きれいになった校舎で7月19日の終業式を迎えます。
                    
 
梅雨空の下、体育館に歓声と笑顔が広がる校内球技大会
校内球技大会(7月9日)
 梅雨空の7月9日(金)、体育委員会主催の校内球技大会を行いました。あいにくの雨で、外で予定していたドッジボールはカットして、体育館で時間を2分し、前半を女子が3チームに分かれてバレーボール、後半男子が4チームに分かれてバスケットボールを行いました。女子・男子ともお互いのゲームを2階ギャラリーで観戦し、繰り出される好プレーと珍プレーに拍手と明るい笑い声が響きました。
 女子のバレーボールは、ワンバウンドOK、4回返しOKの特別ルールが功を奏し、各試合きわどいボールをつなぎ合うラリーが続き、予想を上回るスリリングな展開に会場が沸きました。男子バスケットボールは、とにかくみんな一生懸命コートを駆け回り、勢い余って滑りこけるシーンの連続。その全力ぶりに会場が沸きました。1学期も残りわずか、明るく楽しい球技大会にした全校生徒、計画と運営を進めた体育委員会の皆さんありがとうございました。
                   
 
学校を自分たちで美しく  全校環境整備
全校環境整備(6月25日)
 梅雨の合間となった6月25日(金)6時間目、美化委員会主催の全校環境整備を行いました。今回の活動は、各学年の花壇への花の苗植えと校内の草取り。5月までパンジーやビオラが咲いていた花壇の模様替えです。一人3本、およそ300本のマリーゴールドの苗を各学年の花壇に植えると、梅雨空の花壇も夏の明るさを放ちました。花壇がきれいになった後は、周辺の草取りです。植込みの周りやグランドなど手分けをして草取りをしました。広い敷地で限られた範囲での作業でしたが、取り組んだ箇所は明らかにスッキリきれいになっていました。当日の運営とともに、花壇の草取りなど事前準備に取り組んだ美化委員会の皆さんありがとうございました。「自分たちの学校の環境を、みんなで協力して美しくする」この体験とその成果を共有することができました。
 

 
 
学級、学校は大切な一人一人が共に生きる場  いじめを考える集会
いじめを考える集会(6月10日)
 6月7日からのいじめについて考える週間に合わせ、6月10日(木)いじめを考える集会(生徒会執行部、学級委員会主催)を行いました。新型コロナウイルス感染症拡大防止への配慮から、リモート形式で実施し、各学年の学級委員が学級の人権目標をモニターを通して全校に紹介しました。また、人権教育担当の先生から、集会に先立ち実施した全校生徒対象の人権アンケートの結果をもとに、心無い言動に傷つく経験をした人が各学年に一定数いる現状が伝えられ、これからの課題が提示されました。
 人権感覚や人権意識は日常の中で鈍ることがあります。定期的に意識して振り返り、自分や学級の人権的な在り方を見つめる機会になりました。生徒会執行部、学級委員会の皆さんありがとうございました。
            
 
リモートで質疑応答 前期生徒総会
前期生徒総会(4月30日)
 4月30日(金)、前期生徒総会を開催しました。今回は新型コロナウイルス感染症対策のため、各教室と会議室とをzoomで結ぶリモート形式で行いました。初めてのリモート総会で、議案の提案側も受け取り側も戸惑うこともありましたが、カメラとモニターを介して質疑応答も活発に行うことができました。これからも、様々な活動が以前とは異なる手段や方法でやらざるを得ない状況も予想されます。手段、方法を工夫しながらそれぞれの活動の目的実現を果たしていきましょう。前期生徒会が、これまで以上に、自分たちで考え、一人一人が主体的に取り組めたと実感する活動が重ねられることを期待しています。
     
 
1年間の生徒会活動を振り返る 生徒総会
後期生徒総会(3月3日)
 3月3日(水)、後期生徒総会を行いました。2年生・1年生が執行部と各専門委員会の部長・副部長を務める後期生徒総会。代表で登壇する生徒の表情には、緊張感と責任感が表れていました。そして、答弁を終え、席に戻ったときには、安堵感と自信がその表情に表れているようでした。執行部、各専門委員会の今年度の活動報告等に対して、多くの質問や意見も出ました。「△△を途中で中止した理由を教えてください」「〇〇は、みんなの仲が良くなるので、ぜひ、来年度もやってください」など、今年度の生徒会活動を体験して感じたことをもとに、来年度がよりよくなることを願っての提案や質問ばかりでした。そして、その多くが、3年生によるもの。自分たちが去った後についても、伝統の継承と発展を願う気持ちが伝わり、答弁する2年生も、前向きな気持ちで応答できたことと思います。緊張感がありながら温かさも感じる生徒総会でした。 では、来年はさらに「主体的な生徒会活動」を目指してみんなで頑張ってっていきましょう。
 

          
 
生涯の健康を考えた食習慣づくりを  給食集会
 給食集会(2月15日)
 2月15日(月)、健康委員会主催の給食集会を行いました。新型コロナウイルス感染症の感染状況により、1月の予定を延期しての開催でしたが、養護教諭と栄養教諭のアドバイスのもと、委員会メンバーで協力し計画的に準備を進め集会本番を迎えました。今回のテーマは「減塩」。「減塩なんて大人になって気を付けること」と考えがちなところを、「今の食生活が将来の自分の健康に影響する」という視点から、塩分の摂りすぎによる健康面の影響や手軽にできる減塩方法などについて紹介することで、生徒が身近なテーマとらえ興味をもって参加できる集会になりました。自作動画による、しょうゆのつけ方など身近な減塩方法の紹介、1日の食塩摂取目安6グラムや1日の野菜摂取目安350グラムの実物紹介など、「なるほど・・」「え、こんなもん?」「うわ、こんなに!」などとちょっと驚く情報がたくさんあり、実感をもって「減塩」について学習することができました。
 給食調理で行われている、減塩しながらおいしい味付けにするいろいろな工夫を知ることもできました。大切な食と健康について、考え学ぶ機会を提供してくれた健康委員会のみなさん、ありがとうございました。
  
    
 
新年初 お楽しみ会
お楽しみ会(2月3日)
 2月3日(火)学級委員会主催のお楽しみ会を行いました。今回は多くの生徒からのリクエストに応え、フラーバールボールバレーボール。学年支会などでも経験し、あの三角おにぎりみたいなボールとワンバウンドルールにもけっこう慣れてきた、生徒お気に入りの種目です。感染症対策で原則マスク着用でのゲームでしたが、各チーム声をかけながら三角おにぎりをつなぎ合い、なかなか白熱したゲームが繰り広げられました。
 楽しいお楽しみのひと時を計画・運営してくれた学級委員の皆さんありがとうございました。
         
 
物資で届ける国境を越えた思い カンボジア教育支援物資引き渡し式
カンボジア教育支援物資引き渡し式(2月3日)
 2月3日(火)、生徒会に寄せられたカンボジア教育支援物資を新見ロータリークラブの方に渡す、引き渡し式を行いました。全校生徒が参加し、生徒会執行部の司会進行により行った式で、生徒会長の上田健成君が新見ロータリークラブの鈴木香会長に物資の目録を手渡しました。物資を受け取られた鈴木会長から、感謝の言葉とともに、物資が現地の子供たちに届くまでの過程とカンボジアの子供たちが手に取り使う姿を映像で紹介する計画が伝えられました。そして、今回の活動が、国際貢献の入り口となる、国境を越えた人と人とのつながりを感じる体験になることへの期待が語られました。
 引き渡し式を終えた上田健成君は、備北民報の取材に応え次のように話しました。
「『国境を越えて人の役に立てるのはすごい』と運動に興味を持ち、カンボジアについても勉強しました。予想を超える量が集まり驚いています。カンボジアの子供たちが喜んでくれればうれしいです。」(備北民報 令和3年2月4日 ※語尾を変更しています)
 今回の活動が、社会・世界に対して自分たちが当事者として働きかけられる小さな自信ときっかけになることを願っています。物資の収集にご協力くださった皆様ありがとうございます。
   
 
新見ロータリークラブの国際貢献に協力
カンボジアの子どもたちへの支援物資収集活動(1月8日~)
 この冬、哲多中学校生徒会は、新見ロータリークラブが取り組む「カンボジア丸山小学校支援事業」の一環として行う、支援物資の収集・提供活動に協力しています。
 家庭で使わなくなった、鍵盤ハーモニカ、カスタネット、子供用絵本やクレヨンをカンボジアの子供たちに届けるため、2学期終業式後、生徒会が全校生徒に収集の呼びかけをしました。収集期間の1月8日から1月15日の間、2階廊下に設けた受付場所で、生徒会執行部員が毎日、物資の受け取りと生徒への呼びかけを続けました。
 すでに同活動を行っていた小学校に提供したご家庭もありましたが、子供用絵本135冊、鍵盤ハーモニカ7個などたくさんの物資が寄せられました。
 後日、中学校で新見ロータリークラブの方への引き渡し式を行う予定です。
 この活動が、世界に視野を広げ、自分たちにできる国際的な課題解決について考え行動するきっかけになればと思います。ご協力いただいた皆様ありがとうございました。※まだ該当の品物がご家庭にありましたらお寄せください。


 
  
 
新見市スマホサミット
新見市スマホサミット(12月25日)
 12月25日(金)新見市スマホサミットが行われました。今年のサミットは各小中学校を会場にしたリモート形式での開催となりました。哲多中学校からは、生徒会執行部、PTAの会長さんと副会長さん、生徒会担当教員が参加しました。前半、新見市教育委員会から、新見市内小中学生のスマホ・ネット利用の現状(令和元年度アンケート結果)と課題についての説明があり、続いて、各中学校生徒会執行部の生徒が、各生徒会のスマホ・ネット利用に関する課題と解決に向けた取り組みについて発表しました。哲多中学校生徒会は、毎週行っているノーメディアデーの取り組みと、先月保護者を対象に実施したノーメディアデーに関するアンケートの結果と考察を発表しました。ノーメディアデーに関する保護者の認知度はほぼ100%、多くが意味のある取り組みとの評価であることが紹介されました。そして、「楽しくなるような取り組みに」との意見があり、取り組みの見直しを検討することなども伝えました。後半は、新見市の課題の一つである、小中学生が所持するネット利用機器へのフィルタリングの設定率の低さについて、哲多中学校区の3小学校の参加者とリモートで意見を交わしました。参加生徒、各校のPTA会長さんと副会長さんそれぞれの立場からフィルタリング設定に関する考えが出され、それらを基に、課題に対する取り組み案を次の3つにまとめました。小中学校で、講演会実施やチラシ配布など、保護者に対するフィルタリングの理解と啓発を図る機会を毎年設ける。親子でフィルタリングや使用のルールなどについてよく話をする。特に小学校の間は保護者が責任をもって管理する。以上、生徒と保護者の両者の立場で大切だと共通理解したことです。今後これらの実現に向け、具体的な取り組みを進めていく予定です。
 閉会のあいさつで、新見第一中学校のPTA会長さんが次のように話されました。「親は与えた責任を、子供は与えてもらった責任を自覚し、それぞれの願いと思いを大切にし、親子で一緒に折り合いをつけながら取り組んでいきましょう」。          
 有意義なサミットになりました。
          
 
コロナ禍で考える人権  人権集会
人権集会(12月9日)
 12月4日からの人権週間に合わせ、生徒会執行部・学級委員会主催の人権集会を行いました。学級の人権目標、人権標語の表彰、人権アンケートの結果発表などの恒例のプログラムとメインとなるプログラムで構成された人権集会。今年のメインプログラムは、新型コロナウイルス感染にかかわる人権的側面についてのグループワーク。SNS上に書き込まれた個人の感染情報への対処をめぐり、グループで意見を交わしました。そして、主催者側の生徒が、「『3つ』の感染症」について説明をし、感染した人への差別・中傷の拡大を起こす第3の感染症の危険性とその防止策を示しました。
 感染への不安や恐れがもたらす感染者への中傷・差別。「誰にも感染の可能性はある」新型コロナウイルス感染症に対し、正しい知識を得、基本的な予防策に努めること、そして、人をいたわる気持ちを忘れないこと、これらを実践して「3つの感染症」を防ぐ。コロナ禍でクローズアップされた、人が人を傷める行為を認めない人権意識を一人一人が振り返る機会になりました。
 集会終了後に書いた感想には、新型コロナウイルス感染者への中傷・差別とともに、身近な差別や人を傷つけることばの存在をとりあげ、自分ができることや自分が改めることなど、自分のこととして考える記述がたくさんありました。全員の感想を各教室に掲示する予定です。一人一人が真剣に書いた願いや決意をお互いに知り合う掲示になると思います。生徒会執行部・学級委員会のみなさんありがとうございました。
<人権標語優秀賞>
1年生 
〇やさしい言葉 笑顔をつくって みんなで心を結ぶ  (男子)
〇止まれ いしめ 動け体  (女子)
〇私から 広がる笑顔 増やしてく (女子)
2年生
〇ニコッと笑顔 みんなその顔 守ってこ (女子)
〇小さな思いが 大きな行動へ (男子)
〇深呼吸 放った言葉は 戻らない (女子)
3年生
〇笑ってる でもその裏には 悲しい顔が・・・ (女子)
〇気にかけよう やさしい言葉が 命をすくう  (男子)
〇一人の手 差しのべてくれる誰かの手 優しく手を取り ありがとう (女子)
                
 
秋 本に親しもう  図書集会
図書集会(11月11日)
 読書週間(10月27日~11月9日)に少し遅れて11月11日(水)、図書委員会主催の図書集会を行いました。後期生徒会メンバーになって初の委員会主催の集会。図書と図書室により親しみをもってもらおうと、昨年度とは少し趣向を変えたプログラムで企画しました。「図書室にある図書に関するクイズ」「全校生徒に行ったおすすめ図書アンケート結果のランキング発表」「新着図書の紹介」「絵本の読み聞かせ」などたくさんのコーナーが設けられ、楽しみながら図書への興味と親しみがわいてくる集会になりました。図書委員会の皆さんありがとうございました。
        
 
後期生徒会 初の生徒集会
後期生徒会 第1回生徒集会(11月4日)
 11月4日(水)、後期生徒会の初生徒集会を行いました。今回は執行部と各専門委員長が今月の活動や全校への呼びかけを行う集会で、1・2年生が務める新生徒会執行部と新専門委員長が緊張の面持ちで臨みました。これからいろいろな経験を重ね、それぞれにリーダーとして成長を遂げていきます。後期生徒会の活躍が楽しみです。
     
 
ことばで共有される体験、広がる思い 校内弁論大会
校内弁論大会(10月7日)
 10月7日(水)、図書委員会主催の校内国語弁論大会を行いました。各学年2名の代表が全校生徒の前で弁論を披露しました。いずれも自分の体験とそこから得た気づきや学びを、5分間のメッセージにまとめ、堂々とした弁論で聞く人たちに届けました。
審査の結果、「私を変えた行事」を演題に論じた3年生女子が学校代表に選ばれました。
<演題>
3年生男子「当り前じゃない」
◇中学最後の総体中止・・・。コロナ禍でこそ気づいた、これまでの日常・人のありがたさ。
3年生女子「私を変えた行事」
◇文化祭、恥ずかしがり屋な自分には嫌だった行事。中学最後の文化祭で嫌な自分を変える挑戦を。そして、変われた。
1年生男子「言葉の明暗・・・」
◇ことばは思いを伝える大切なもの。なぜそんな大切のもので悪口を。
2年生女子「言葉の重み」
◇時に鋭いナイフのように人の心を傷つける言葉。言葉は重い。
2年生男子「母からのLove」
◇「うざい」。思わず向けた言葉に沈み込む母。その夜母から自分へのメッセージが。
1年女子「家族はいることが当たり前」
◇家族だからこそ生まれるいろいろな感情。家族との毎日のおかげで今の自分がいる。
        
 
全校縦割りチームで楽しく熱戦 校内球技大会
校内球技大会(10月6日)
 運動会・文化祭・備北地区秋季大会と次々と大きな行事が続いた2学期。それらの行事を終え、ひと段落ついた10月6日(火)体育委員会主催の校内球技大会を行いました。全校縦割りチームで男子がサッカー、女子がバレーボールで競い合いました。
 校内球技大会らしい、定期的に珍プレーが発生する和気あいあいの競技でしたが、勝敗は大切なようで、勝者チームは歓喜の声を上げていました。体育委員のみなさん準備運営ありがとうございました。おかげで楽しいひと時をみんなで過ごせました。
             
 
夏本番に向け 校内を美しく
全校美化活動(7月8日)
 7月8日(水)全校生徒で美化委員会主催校内美化活動を行いました。この日は午前5時30分過ぎまで大雨警報が発令。延期を予想していましたが、その後天候が回復し午後は晴天に。水たまりも消えて程好く水を含んだグラウンドは草抜きには最適の状態に。
 全校生徒で、グラウンドの草取りと花壇の苗植えとに分かれ活動しました。草抜きには最適な湿り具合でしたが、蒸し暑さもそれ相応。そんな中、約40分間で、およそ300本のマリーゴールドの苗を植え、猫車3台分の草を取りました。美化委員会の皆さん準備・進行・片づけありがとうございました。
           
 
健康教室・いじめを考える集会 3年生感想
健康教室・いじめを考える集会感想
 6月10日(木)に実施た、健康教室・いじめを考える集会の3年生の感想を一部紹介します。
 6月10日 健康集会・いじめを考える会 感想(一部抜粋).pdf
 
自身と周りの人の健康・命・権利について考える
健康集会・いじめを考える集会(6月10日)
 虫歯予防デーといじめを考える週間にあわせ、6月10日(木)健康委員会・学級委員会がそれぞれ主催する「健康集会」と「いじめを考える集会」を行いました。
今年は、密集を防ぐため、会場を多目的教室から広い体育館に移しての実施。健康集会では、歯と口の健康についてをテーマに、顎関節症や全身の健康にも関係する咀嚼(そしゃく)の大切さや正しい歯磨きについて、健康委員がクイズを交えてわかりやすく発表しました。人権集会では、各学年の学級委員がこの週間に道徳授業で学んだことや、各学級の人権目標について発表し、恒例となった哲多中学校人権宣言の全校唱和を行いました。事後に書かれた感想には、道徳の授業でも話題として取り上げた、SNSをめぐる問題やアメリカでの黒人殺害への抗議にかかわる問題にふれながら、学級という身近な集団でお互いを大切にする人権感覚の重要性と自分の在り方についての考えがたくさん記されていました。後日一部を紹介します。健康委員会、学級委員会のみなさんありがとうございました。
        
 
「あいさつは地球を救う」 生徒みんなであいさつ運動 その2
生徒みんなであいさつ運動!2 (5月25日)
 5月に全6回行う「生徒みんなであいさつ運動」。その様子を追加します。賑わいも増している気がします。
    
 
「あいさつは地球を救う」 生徒みんなであいさつ運動
生徒みんなであいさつ運動!(5月18日~)
 「あいさつは地球を救う」 かなり壮大なスローガンを掲げ、全校生徒で行うあいさつ運動を生徒会が企画しました。5月18日~5月29日の2週間、月・水・金曜日、生徒会執行部に全6委員会が分担してコラボし、あいさつ運動を行います。玄関前でいつもよりたくさんの生徒に「おはよう」のあいさつで迎えられると、その賑やかな雰囲気に元気が出そうな気がします。迎える立場と迎らえる立場の両方を体験することで、新しい気づきもあることでしょう。あいさつが届くことで救われる気持ち、あいさつによって、もう一回がんばってみようかと立ち上がれる人・・・ちょっと大げさに思えるスローガンは当たりだと思います。
   
 
登校再開。元気なあいさつで迎えます!
生徒会あいさつ運動(5月13日)
 水曜日は生徒会のあいさつ運動の日。5月13日学校再開後初の水曜日。生徒会執行部の生徒が、元気なあいさつで登校する友達を迎えました。その後、朝の放送で、今朝のあいさつの様子の報告とともに、「マスク着用、手指消毒、密接回避など感染防止に努め、一日も早い日常の回復に向けて頑張ろう」と呼びかけました。
 
 玄関前であいさつする生徒会執行部員。
 校門前でもあいさつする生徒会執行部員がいます。今回写真がなくてごめんなさい。
 
新年度をよりスッキリした環境で。全校で校内の草取り作業。
校内美化活動(4月17日)
 4月17日(金)生徒会美化委員会主催の校内美化活動を行い、全校生徒でグラウンド、周辺の植込みや花壇の草を取りました。例年より暖かい3月を経て、草の生長も早かったようで、各場所ともたくさん茂り、根も深く広く張っていました。竹のへらで掘り返し、やっと抜けた草の根の大きさに「うわー」と声を上げる生徒もいました。40分ほどの作業で猫車(一輪車)およそ10杯の草が取れました。新年度を迎えた学校がよりスッキリしました。美化委員会のみなさん準備運営ありがとうございました。
              
 
受験期にちょっと一息 お楽しみ会
後期お楽しみ会(2月7日)
 2月7日(金)、学級委員会主催のお楽しみ会を行いました。年2回の開催で前期は7月に実施。今回は11月に改選された後期学級員が主催者となって企画運営をしました。
今回はフラバールバレーボール。学年支会などでも経験し、あのおにぎりのようなボールの妙なバウンドやワンバウンドルールなどにも慣れた様子で、ネットを挟んで白熱のラリーが展開されました。全校縦割りで編成された各チーム、珍プレー好プレーの登場に盛り上がり、「学年の枠を超えて生徒相互の親睦を図る」目的が達成できたと思います。9チーム総当たりの試合の結果見事優勝を果たしたチーム(8人)には、学級員会作成の立派な賞状が贈られるとともに、全校の前での「校歌熱唱」の権利まプレゼントされました。突然のプレゼントにちょっと慌てたものの、さすが陽気な3年生。後輩をリードし、肩を組んで高らかに校歌を歌いあげました。盛大な拍手にプレゼントの意義を実感したことでしょう。学級委員の皆さん、粋な企画を加えてくれてありがとうございました。
        
 
給食に牛乳が出るのはどうして?
給食集会(1月22日)
 1月22日(水)生徒会健康委員会主催の給食集会を行いました。集会という名称ではありますが、インフルエンザの感染予防のため、各学年ごとに教室で実施しました。今回のメインテーマは学校給食につきものの牛乳。なぜ、給食には毎日牛乳が出るのか。そのなぞをわかりやすく明かしました。一生の骨の強さ(骨密度など)に大きく影響するのが成長期のカルシュウム摂取。学校給食でカルシュウムを豊富に含む牛乳を毎日飲むことは、生涯の骨の健康を維持する上で大変重要な意味があることなどをグラフやイラストなどで紹介。給食や牛乳に関するクイズもたくさんあり、楽しみながら、給食と牛乳の大切さを考え、改めて食べ物と提供してくださる方々、家族に感謝することができました。クイズの回答「給食に牛乳が出るのは、法律で決められているから」には一同「へえ~!」とうなりました。健康委員会のみなさんありがとうございました。
    
 
新春恒例 百人一首大会
百人一首大会(1月17日)
 1月17日(金)、文化委員会主催の全校百人一首大会を行いました。生徒が楽しみにしている新春恒例のこの大会、昨年はインフルエンザの大流行により中止でした。今年も心配されましたが予定通り開催でき、賑やかに札を取り合いました。「ちらし」の形で全校縦割り8班で対戦。文化委員の読み上げる上の句で素早く札を払う上級者から、下の句の文字一文字一文字を恐る恐る指で確認し合いながら札をそっと押さえるビギナー対決まで、様々な参加者による大会。会場に笑い声と嘆き声が響きました。2回戦の結果、学年対抗の部1位は2年生。個人の部では3年生女子が79枚(2回計)を取って優勝。準備運営をした文化委員会のみなさんありがとうございました。日本の伝統文化に触れながら楽しい2時間を過ごすことができました。
       
 
「だれもが公平」 について考える 人権集会
人権集会(12月10日)
 12月10日(火)生徒会執行部・学級委員会主催の人権集会を行いました。集会は、学級人権スローガンアンケート結果報告、人権スローガン優秀作品紹介、パラリンピックに関する情報とクイズ、パラリンピック種目「ボッチャ」の体験など多彩な内容で「人権」について考えました。「ボッチャ」の体験は全校縦割りの6グループで行いました。ゲームの前にグループごとに「ゲームの本質を損なわず、多様な参加者全員が公平に楽しむために、ルールや約束にどのような工夫や配慮が必要か」を話し合いました。初めて体験する「ボッチャ」は、話し合ったことを活かしながら全員楽しく参加していました。「みんなが公平に」楽しみや喜びを分かち合えることについて、体験を通して考える集会になりました。生徒会執行部・人権委員会の皆さんありがとうございました。
 人権標語優秀作品は次のとおりです。
「人と人 手を取り合って 笑顔咲く」 1年生男子
「あなたが笑顔になったとき 私もみんなも うれしいよ」 1年生女子
「みんなの笑顔すてきだな 明日もきっと 晴れそうだ」 1年男子
「広げよう 優しい言葉と 思いやり」 2年生男子
「みんなでつくる 優しい心 そこから生まれる みんなの笑顔」 2年生女子
「きれいな心で 咲かせよう 無限の笑顔」 2年生男子
「思いやる その心が 誰かを救う」 3年生女子
「あなたの笑顔は美しい この世でただ一つ 傷つけないで」 3年生女子
「ありがとう たった5文字の 愛言葉」 3年生男子 

           
 
期末テストも終了、読書で心に栄養を
図書集会(12月2日)
 12月2日(月)図書委員会主催の図書集会を行いました。絵本の朗読、図書室の図書紹介、図書クイズなどたくさんの内容で、視野を広げ心を豊かにする読書の意義や図書室の有効利用について考えることができました。今回朗読した絵本は「世界一貧しい大統領のことば」。ウルグアイのムヒカ前大統領のことばをもとにした絵本を通して、人の幸せや社会の在り方について考えました。図書の紹介では、図書室の図書9冊の内容を紹介しました。多くの人の興味や関心にマッチするように、幅広いジャンルから選ばれていました。知識・情報の泉、心の栄養、読解力養成・・・たくさんの意義を持つ図書。図書室にもたくさんの良書があります。そして、図書室は新見中央図書館を通じて世界の図書館へつながっているとも言えます。図書の魅力、図書室の役割などを伝えてくれた図書委員会のみなさんありがとうございました。
      
 
市長さんと新見市の未来を考える
お出かけ市長室(10月24日)
 10月24日(木)哲多中学校多目的室で「お出かけ市長室」が行われました。9月に予定されていましたが、新見市を襲った集中豪雨災害の影響で延期実施されました。この日、池田市長、城井田教育長を迎え、生徒会旧執行部員7人が参加し、新見市の未来について意見を交わしました。会の流れは、全校生徒から集約した質問や要望、提案について市長さんに示し、回答を得るスタイルで進行しました。質問や要望を発言する生徒は、当初かなり緊張した表情でしたが、市長さんの穏やかな応対にしだいに笑顔も生まれ、会場は和やかな雰囲気へと変わっていきました。この企画を通して、新見市が進める人口減少対策の取り組みについて知ることができ、地域の交通の安全性・利便性向上や新見市特産品、ソフトボールのPR強化など、生徒が要望・提案したことを市の施策へ反映するとの回答に、自分たちも市政に係る主体の一人であることに改めて気付くことができたと思います。池田市長をはじめ「お出かけ市長室」関係者の皆様ありがとうございました。
       
 
託し 託され 新しい生徒会を築く 生徒会役員改選
生徒会役員改選(10月11日)
 10月11日(金)生徒会役員改選に伴う立会演説会を行いました。演説には会長・副会長・書記会計の立候補者10名とそれれぞれの推薦者10名が臨み、立候補の決意と公約、立候補者の適性と託す思いを熱弁で語り掛けました。立候補者も推薦者も全員がおよそ3分間、原稿を見ず、聞く生徒の顔を見ながらの演説でした。これも哲多中学校の伝統なのかもしれませんが、生徒会執行部員になることへの自覚の高さを感じます。10月21日から後期生徒会がスタート。投票で選ばれた7人の新執行部員を中心に、先輩から託された思いを引き受け、生徒会の発展に向けて取り組みます。まずは、全員が語った「伝統のあいさつ」がより元気に響き渡ることを期待しています。選挙管理委員会のみなさんありがとうございました。
    
 
慌ただしい2学期 ほっと一息お楽しみ 球技大会
球技大会(10月8日)
 10月8日(火)体育委員会主催の球技大会を開催しました。全校縦割りチームで男子はサッカー、女子はバレーボール。バレーボールは何度落球しても相手コートに返球すればOKの寛大ルール。グランドと体育館で飛び出す好プレー珍プレーに歓声と笑顔が広がりました。和気あいあいの楽しい球技大会で、慌ただしい2学期にほっと一息つきました。
         
 
1学期もあとわずか、全校で楽しいひと時を お楽しみ会
お楽しみ会〔学級委員会〕(7月10日)
 7月10日(水)学級員会主催「お楽しみ会」を行いました。全校参加で、学年の枠を超えて生徒相互の親睦をはかることを目的に、学級委員会が企画をしました。今回は「伝言ゲーム」「ジェスチャーゲーム」「〇×ゲーム」の3ゲーム。それぞれユニークな出題と奇想天外な珍回答で会場は笑いの連続でした。〇×ゲームでは友達の兄弟げんか事情など信ぴょう性の怪しい問題もありましたが、学級委員の手際よい進行もあり、あっという間に感じるほど楽しい1時間を過ごしました。学級委員会の皆さんありがとうございました。
            
 
花壇に花を咲かせましょう
種から育てた苗
花壇、プランターに花の苗植え(6月19日~)
 全校生徒でマリーゴールドの苗を花壇やプランターに植えています。苗は5月に美化委員が植えた種から育ったもの。この日は2年生がピロティわきの花壇に植えました。一人3本の苗ですが、9月には大きく株を膨らませ、オレンジ色のたくさんの花で運動会をより明るく盛り上げてくれることでしょう。
 
いじめはしない、させない、ゆるさない いじめを考える集会
いじめを考える集会(6月5日)
 6月5日(水)生徒会執行部、学級委員会が中心となり、いじめを考える集会を行いました。集会では、各学年の学級委員が、道徳の授業で考えたことと学級で作成した人権目標を発表しました。そして、執行部員が哲多中学校いじめ防止宣言を読み上げ、全校生徒で復唱しました。いじめを生まないために、一人一人と集団がどうあるべきかについて考え深める機会になりました。
 <道徳授業 題名>
 1年「さかなのなみだ」・・・「いじり」が負わせた心の傷。人の心の痛みを思いや    
               る集団になるために。
 2年「リスペクト アザース」・・・違い、異なる存在を認め、尊重できる心を。
 3年「卒業文集 最後の2行」・・・残酷ないじめ、なぜ起こり、収まらないのか。
 <人権目標>
 1年「十人十色 笑顔あふれる毎日を」
 2年「温和丁寧」~お互いを認め合い思いやりの心をもつ~」
 3年「恕 ~思いやり・優しさ・感謝」
 
生涯の健康のために今から健康管理を 健康集会
 健康集会(健康委員会)(6月5日)
 6月5日(水)健康委員会が全校生徒を対象に健康集会を行いました。今回のテーマは「目の健康」「生活習慣病」。目の健康に関しては、テレビやスマホなどの視聴時間、目をいたわるために心がけていることなど、事前に取ったアンケート結果をもとにして、自分たちの実態を振り返りながら、目の健康を維持するための方法などを紹介しました。また、生活習慣病については、まだまだ先のことと考えがちなところを、今の食生活や生活リズムが習慣となって将来に影響を及ぼすということに気づかせてくれる説明でした。将来の健康のためにも、今を大切にすることを学ぶ集会になりました。クイズを取り入れるなど、楽しみながら参加できる工夫をしてくれた健康委員会の皆さんありがとうございました。
 
新緑、勢いよく伸びる草をとりました
5月環境整備(5月23日)美化委員会主催
 5月23日(木)3教科の中間テストを終えての4時間目、全校で環境整備を行いました。10連休後の雨で勢いよく伸びた草を、27度を超す夏日の日差しの下、根気よく取り続けました。雑草が取り除かれた玄関前の花壇には、スズランの小さくかわいい花房がたくさん顔をのぞかせました。
     
 
陽春、茂りはじめた草をとりました
4月環境整備(4月17日)
 4月17日(水)春の陽気に汗ばむ午後、美化委員主催の環境整備に全校生徒が取り組みました。美化委員長の「学校の環境整備をするとともに、作業を通して学校を大切に使い美しくする意識を持ちましょう」とのあいさつを受け、各学年ごとに分担場所に分かれ、まだ短いもののしっかりと根を張った草を取りました。およそ40分の作業で、ねこ車12杯の草がとられ、草に覆われていた花壇は土を表し、隠れていたパンジーが主役に返り咲きました。今日の下校は、みんなできれいにした花壇と植込みを見ながら校門に向かいました。
      
 
1年生が中学校生活に早くなじめますように
新入生歓迎会(4月12日)
 入学式から3日目、4月12日(金)に生徒会主催「新入生歓迎会」を行いました。体育館で、2.3年生から拍手で迎えられた1年生は、やや緊張した表情で、生徒会長の開会のあいさつを聞きました。執行部からの、学校行事と学校の決まりについて、スライドや実演を交えての説明を受ける1年生の表情は真剣そのもの。しかし、続くレクリエーションでは、2・3年生と一緒に、折りたたまれた新聞紙の上で、おんぶされたり肩車されたりしながら体を寄せ合い、元気な笑い声をあげながらゲームに参加していました。
 恒例の部活動紹介では、先輩のプレーに「うわー」「すげー」などの歓声を上げながら見入っていました。今週から中学生活2週目。早く中学校生活に慣れ、先輩と一緒に楽しく充実した活動ができますように。
                  
 
3年生に感謝を込めて 送る会
3年生を送る会(3月11日)
 3月11日(月)、生徒会執行部主催の「3年生を送る会」を行いました。1年生、2年生からダンスや歌の出し物の披露をした後、3年生と一緒にゲームをして、にぎやかな笑い声が会場に広がりました。会の後半、執行部員が作成したスライドに3年間の思い出に浸った3年生。3年間の時を振り返りながら、卒業への実感を抱いたことでしょう。最後に、各部から3年生への色紙、花束とエールを送り感謝の気持ちを伝えました。そして、3年生代表生徒から、自分たちに協力してくれた後輩への感謝と、来年度の活躍への期待が語られ、送る会を閉じました。送られる側、送る側ともに心温まる思い出の会になりました。
                  
 
生徒会活動の振り返りと来年度への引継ぎ
生徒総会開催(3月6日)
 3月6日(水)生徒総会を開催しました。10月からスタートした、1、2年生による執行部のもと、各専門部の今年度の活動報告と生徒会決算報告が行われました。たくさんの質問もあり、質疑応答を通して来年度への課題の把握と改善案のヒントを見つける機会になりました。
   
 
今年度も残り1か月、全校で楽しい思い出を
お楽しみ会「全校ドッジボール大会」〔学級委員会〕
(2月20日)

 2月20日(水)、卒業式まであと20日となるこの日、学級委員会主催のお楽しみ会「全校ドッジボール大会」を行いました。受験を目前にケガをしては大変ということで、ボールはソフトバレーボールを使用。当たっても痛くはないものの、力いっぱい投げるとヒョイッと曲がってあらぬ方向に飛んでしまうので、投げる方も逃げる方も結構慌てふためく愉快さがありました。全校縦割りチームのリーグ戦を続け、決勝は大接戦。決勝戦、終了時間間際、味方に当った空中のボールを必死に拾いに行った生徒がボールをはじき、そのボールを拾おうとがんばった生徒が惜しくも落球するという、まさかの3人アウトで決着しました。落球はしたけれど、良かれと思って一生懸命にボールに飛びついた健気な姿に会場から温かい拍手が送られました。受験シーズンを迎え、気持ちが張り詰める3年生にとって、和やかで楽しいひと時になったことと思います。
         
 
食事を大切に 給食の大切さを考え感謝しよう
「給食集会」〔保健委員会〕(1月30日)
 1月30日(水)、学校給食週間(1月24日~1月30日)に合わせ、保健委員会主催の給食集会を行いました。1年生から3年生までの保健委員全員が3つのグループに分かれ「朝食の大切さ」「給食の大切さ」「食事のマナー」の3テーマについて調べ、発表しました。各グループとてもよく調べていて、クイズなども取り入れ興味を引きながらわかりやすく説明しました。発表の中で、哲多中生徒の朝食に関する調査結果が紹介されました。どの学年も朝食を食べる人の割合が9割を超えていました。委員からは、週に食べない日もあると答えた人の食べない理由に触れ、夜食を控えることや早寝早起きなど、朝も食べられる習慣作りが提案されました。「給食」についての発表では、『栄養バランスが整い、行事食や世界の食事、地産地消などの食文化を学び味わえる給食の大切さに改めて注目し、作ってくださる方々への感謝の気持ちをもって給食をいただきましょう』と呼びかけました。「食は人を良くすること」との説明もありました。マナーも含めて食事の大切さについて考えさせてくれた保健委員のみなさんありがとうございました。
 集会後、各教室で、いつも心を込めて給食を作ってくださる調理員の方々へお礼の手紙を書きました。
   
 
みんなで取り組もう スマホ・ケータイのトラブル防止
新見市スマホサミット 〔生徒会執行部〕(12月26日)
 12月26日(水)、新見市役所南庁舎で新見市スマホサミットが開催されました。市内5中学校の生徒会役員が参加し、各校の取り組みについて発表した後、家庭でのルール作りなどについて、参加したPTAや教員とグループごとに話し合いました。
 哲多中学校からは生徒会会長、生徒会副会長の計3人が参加し、6月と11月に行ったネット利用機器の使い方に関するアンケート調査の結果報告とノーメディアデーの取り組みについて発表しました。発表内容に対して会場の5人の生徒が手を挙げて感想を紹介しました。「アンケートを2回実施し比較検討する方法は参考になった」「ノーメディアデーとはいえ、0時間ではなく1時間以内とすることで、ハードルが下げられ実行しやすくなるのはいいアイデア」など、他校の生徒の視点からの感想により、改めて取り組みの意義を知る機会ともなりました。グループ協議の発表でも、話し合われた内容を落ち着いてわかりやすく発表していました。スマホ・ケータイの利用に関するトラブルは増加の一途。「みんなで力を合わせる」ことの大切さを学んだ生徒会役員が各校での取り組みをさらにリードしてくれることでしょう。
   
 
12月の生徒会
本を通じて心を温めたい  「図書集会」〔図書委員会〕(12月11日)
 12月11日(火)図書委員会主催の図書集会を行いました。期末テストも終わり、少しほっとできそうな冬の午後、本の魅力を伝えるとともに図書室利用の向上を図ろうと図書委員会が企画しました。今回のテーマは「心を温めてくれるのは・・・」。まず図書委員が学年ごとに絵本を朗読しました。生徒はモニターに映し出された絵本のページを見ながら朗読に聞き入り、童心に帰りながらも、絵本に込められた”友情”や”思いやり””理想を追う心”などについて考え、今の自分を見つめることができたようです。その後、図書委員全員による群読、図書クイズなどたくさんの内容で参加者を楽しませ、心を温めてくれました。会の最後には、図書委員長が、図書の本を最もたくさん借りた1年生女子を表彰し、冬休みや夜の長いこの時期の読書を呼びかけました。
 
12月の生徒会
見直そう スマホ・ケータイの使い方 「スマホ・ケータイアンケート結果報告」(12月11日)
 12月11日(火)生徒会執行部が「スマホ・ケータイアンケート結果」の報告を行いました。アンケートは10月に全校生徒を対象に、スマホ・ケータイなどネット利用端末の所持率や使い方、家庭でのルールなどについて調べたもので、6月に続いて2回目となります。6月に比較すると、利用時間やSNSを通じて知り合った人数など増加している項目が目立ちました。結果を受け、生徒会執行部から「家族と、使い方などの約束を見直すこと」「ノーメディアデーの意識を持つこと」などが呼びかけられました。また、「トラブルを起こさないためにどうするか」の質問項目へのたくさんの回答の中からいくつかを紹介し、これまで様々な機会に学んだことが、多くの人に意識・実行され、「常識」となっているとの認識を促しました。結果の一部は後日Webページに掲載します。
 
12月の生徒会
一人一人が大切にされる学校に 「人権集会」(12月7日)
 12月7日(金)生徒会執行部・学級委員会共催の人権集会を行いました。まず、前日に開催した「心と命の教育」講演会についてグループで振り返り、犯罪被害者を出さない、一人一人の命と権利を大切にする社会をつくるために、自分たちができることを話し合いました。そして、5月に作成した各学級の人権スローガンに基づく反省を学級委員が行いました。その後、学級委員会の選考により全校生徒から選出された各学年の「哲多中人権標語」を発表しました。会の最後は全校生徒で「Believe」を歌いました。会場に響くその大きな歌声は、「一人一人を大切にする」という決意と「一人一人を大切にしてくれる」という信頼を伝え合う歌声になりました。
 <哲多中人権標語>
 1年「探そうよ 他人の長所 自分の短所」 女子生徒
 2年「愉快ですか 楽しいですか 人の心を傷つけて」 男子生徒
 3年「考えた? いじめをされた 相手の気持ち」 男子生徒
 
10月の生徒会
新生徒会役員 あいさつ運動スタート (10月31日)
 10月31日(水)役員改選後初めての新役員生徒によるあいさつ運動を行いました。
新調したあいさつスローガンの横断幕を手に、校門と玄関の2か所で、登校する生徒や先職員、地域の人に元気よくあいさつの声をかけていました。おかげで学校の始まりを笑顔で迎えられます。
 
10月の生徒会
10月生徒集会(10月3日)
 10月3日(水)前期生徒会最後となる生徒集会を行いました。まず、生徒会長、各専門部長が10月の活動内容の紹介と全校への呼びかけ、後期生徒会活動への要望を発表しました。「下校時の安全」「季節のイラスト募集」「図書室の積極的利用」など3年生が代表としての最後の呼びかけをし、後期生徒会を担う後輩に思いを託しました。次に、生徒会役員選挙の選挙管理委員会から役員改選について告示しました。生徒会役員改選は10月15日(月)です。
 最後に、名木田先生のお話で集会を閉じました。毎日の生活の中に、喜びや感動の種は潜んでいる。それに気づき、見つけてみることで日常が豊かになる。また、そういう意識を持つことで、日々自分が何に取り組むべきかも見えてくる。気がつけば12月も目前。1年生、2年生、3年生、それぞれの立場で先のことにも思いを巡らしながら、今やるべきことを頑張ろう。と名木田先生が生徒に語り掛けました。

 
9月の生徒会
新着図書の紹介 図書委員会(9月20日)
 新しい本が図書室に並びました。図書委員会は新着図書を紹介する掲示物を作成し、図書室前に貼りました。本の帯と一緒に、自分たちが実際に読んだ感想などを書いた紹介メッセージを載せています。友達から友達に、新しい読書の輪が広がりそうです。やがて「読書の樹」にも新しいタイトルの葉が茂ることでしょう。

 
7月の哲多中
ネット利用等のアンケート結果から・・・執行部(7月19日)
1学期の終業式後、生徒会執行部が、先日実施した「スマホなどによるネット利用に関する生徒アンケート」の集計結果とそれに基づくスマホ等の利用に関する呼びかけをしました。約半数の生徒が自分専用のネット通信機器を持っていることや、平日2時間を超えた使用もあること、また、SNSやインターネット上だけの知人がいる生徒も複数いる実態などを受け、夏休みのネット利用等に関する留意点を呼びかけました。
 ○家庭でルールを話し合って決めよう。
 ○夏休み中も、利用時間は2時間以内にしよう。
 ○ネットのトラブルに遭わないように次の三つを守ろう。 
    ①悪口を言わない書き込まない。
    ②危ないサイトに入らない。
    ③個人情報をあげない。(自分と他人の為にも)

 
7月の生徒会
全校美化タイム実施(7月4日)
 7月4日(水)、台風が去り、曇天の隙間から青空が見え始めた午後、予定通り全校美化タイムを実施しました。前回から2ヶ月が過ぎ、花より草が目立つ花壇をはじめ、校舎周辺の草取りに全校生徒が取り組みました。開会式で美化委員長から作業の説明を聞いたあと、学年ごとの担当場所で、蒸し暑い中約1時間、濡れた土にしっかり根を張った草を根気よく取りました。きれいに草が取り除かれ耕された花壇には、放課後、美化委員と協力参加の健康委員と体育委員2年生によって約200の花の苗が植えられました。
 
6月の生徒会
イラストコーナー(文化委員会)「夏バージョンに変更(6月15日)
 玄関前の廊下壁面に全校生徒が参加するイラストコーナーがあります。生徒会文化委員会の企画により、「新入生へのメッセージ」「春のイラスト」「夏のイラスト」など、時期ごとのテーマに沿って生徒全員がA5サイズの用紙にかいたイラストやメッセージの作品を掲示しています。「夏のイラスト」にリニューアルした今朝のイラストコーナーには、たくさんの生徒が集まり作品に見入り、楽しそうに感想を語り合っていました。
 
6月の生徒会
毎週水曜日 生徒会あいさつ運動(6月13日)
 朝ラン(朝のランニング)のない水曜日の朝、生徒会執行部が玄関前であいさつ運動をしています。数年前の生徒会執行部の先輩がつくった横断幕を広げ、全校生徒と元気な声であいさつを交わしています。10月頃からは各委員会メンバーも加わり、あいさつ運度の輪を広げる予定です。
 
6月の哲多中
いじめについて考える集会(6月6日)
 岡山県は6月4日~10日を「いじめについて考える週間」と設定しています。哲多中学校ではこの期間を中心に、各学年で人権スローガンを作成し、人権に関するアンケートなどを行っています。そして、6月6日(水)、これらを発表して全校で人権やいじめついて考える集会を生徒会執行部と学級委員会主催で実施しました。スローガンやアンケート結果の発表に加え、執行部・学級委員が出演・作成した動画をつかって、いじめや人間関係のトラブルを防ぐための望ましいコミュニケーションのあり方や心構えについて考えました。会の最後は、全員で「哲多中学校いじめ防止宣言」の5つの条文を読み上げ、一人ひとりがお互いの人権を大切にし、いじめ防止に力を合わせることに意を新たにしました。
 各学年の人権スローガン
 1年生 認め合い、いじめを許さないクラス
 2年生 互いを尊重し合い、思いやりの心で絆を深める第2学年
 3年生 一視同仁
 哲多中学校いじめ防止宣言





 
6月の哲多中
歯の健康集会(6月6日)
 歯と口の健康習慣(6月4日~10日)にあわせ、6月6日(水)、生徒会健康委員会主催の「歯の健康集会」を行いました。集会では健康委員会による発表と学校歯科医の名越先生からの講演が行われました。健康委員会の発表では、哲多中生徒の歯科検診結果、虫歯の原因と予防法、正しい歯磨きの仕方などについて自作のスライドを使い、クイズを交えて楽しくわかりやすく紹介されました。また、名越先生の講演では、歯周病菌など口中の菌が体内に入るリスクと糖尿病や脳梗塞など様々な重大疾患との関連ついて説明されました。生徒から質問された、適切な歯ブラシの形状、フッ素の効果、たばこと歯周病との関連などについて丁寧な回答ももらいました。講演の最後には、歯を失うことで全体の骨格のひずみや顔のゆがみ、脳の働きへの影響が生じることも教わりました。口腔ケアには、歯磨きとともに若いときからの歯医者さんでの定期的なケアがセットで必要とのこと。歯の大切さについてしっかり考える集会になりました。名越先生ありがとうございました。

 
日誌
新規日誌8
2018/04/20

新入生歓迎会

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校長
新入生歓迎会(4月11日)
 入学式翌日、新入生歓迎会(生徒会主催)を体育館で行いました。生徒会長の挨拶に始まり、哲多中学校の生活の決まりと学校行事について生徒会執行部が説明しました。やってはいけない自転車乗車マナー違反の実演もあり、説得力がありました。スライドで紹介される行事での先輩の楽しそうな表情や凛々しい姿に、中学校生活への期待を膨らませたことでしょう。その後、学級委員の進行により、異学年混成8チームに分かれてのレクリエーションで、先輩、後輩の交流を深めました。最後は部活動紹介。2・3年生がユニフォームや道着を着て、日頃の練習の様子をデモンストレーションし、新入生にPRしました。4月12日は1年生も加わった今年度第1回専門委員会、1年生部活動見学が行われます。


18:14 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)

新入生オリエンテーション

生徒会主催 新入生対象説明会(4月11日)
新入生を対象にした、オリエンテーションがありました。生徒会長の挨拶後、哲多中1年間の活動をスライドで見ました。この時期に交通事故が多いこともあり、自転車の正しい乗り方ワンポイントの説明がありました。
チーム哲多の第一歩として、全校フォークダンスをし、和やかな雰囲気を作りました。1年生もすぐに覚え楽しく踊ることができました。
後半は、部活動紹介をみんなで見学しました。

 

後期生徒総会

後期生徒総会開催(3月6日)
本年度最後の生徒総会をしました。新執行部になって初めての総会となりました。
総会では、生徒会長の挨拶後、執行部、各専門部から活動報告があり、Q&A後、実施内容について承認されました。各専門部の報告後は、各学年から質問や提案がたくさんあり、盛り上がりました。決算についても承認されました。
 
給食集会
給食集会開催(2月19日)
1月末に予定していた給食集会を実施しました。風邪など体調不良生徒が増加していたため、延期しての実施でした。
健康委員会が主催し、給食の始まりや野菜の洗い方、1日の大まかな摂取量等について発表がありました。途中、参加型のQ&Aもあり、楽しい会となりました。
 

生徒会

継続中・・・生徒会あいさつ運動(2月14日)
 
新春百人一首大会

新春百人一首大会開催(1月19日)

恒例の百人一首大会をしました。今年の大会は気合の入った生徒が多く、どのグループも盛り上がりました。特に万歳小学校出身者は、小学校で経験していたこともあり、上位入賞者が多かったようです。
【結果】
★総合優勝 2年生
★学年別優勝者 1年 Oさん  2年生 Sさん  3年 Mさん
★特別盛上げ賞 2年 I君

 
後期生徒会選挙
後期生徒会選挙(10月21日)
10月20日後期生徒会選挙をしました。今回の選挙では、該当役員に規定数のみの立候補となったため、信任投票の選挙となりました。しかしながら、立会演説では、立候補している役職にあった立派な演説ができていましたし、応援演説も、説得力のあるものでした。
結果は、全員信任となりました。頑張ってください。哲多中のために。
 

全校球技大会

全校球技大会開催(12月12日)
大きな行事もほぼ終わり、今日は男女別に分かれ球技大会をしました。
男子はサッカー、女子はフラバールボールバレーボールをしました。師走を迎え、
ホット一息つく一時でした。
 

人権講演会

人権週間講演会(12月8日)
毎年12月10日を最終日とする1週間(12月4日から同月10日まで)
「人権週間」と定め学習に取り組んでいます。今回は、
邑久光明園自治会長「屋 猛司」氏をお迎えして講演会を開催しました。
屋先生が32歳でハンセン病とわかり、光明園に移り住んだこと、若い頃は友達がいなかったこと、親との別れ。しかしながら、薬効があり完治した後も光明園に残って生きがいをもって頑張ったことなど、幅広いお話を聞くことができました。
その後、各学級から「学級スローガン」の発表等があり、有意義な人権週間を終えることができました。


 

山陽新聞一面掲載

哲多中学校生徒会 山陽新聞掲載(10月16日)
10月15日付けの山陽新聞「さん太タイムズ」に本校の取り組みが掲載されました。
平素から生徒会を治癒運に取り組んできた主なことが掲載されています。
原稿は、生徒会執行部が考えて書きました。よくまとめられた文章で、とてもわかりやすい表現となっています。「銭太鼓」や「」運動会」、「ノーメディアデー」等の取り組みが掲載されています。ぜひご覧ください。なお、山陽新聞社から許可をいただいて、このホームページでもご覧いただけます。印刷もできるようにしています。
 生徒会-山陽新聞.pdf  clickしてください。
 

総会

感謝状
哲多共同調理場の皆様に感謝状(2月15日)
先日給食集会で、各学年に分かれ取り組みの発表会をしました。そして、池田先生から朝食を食べることがいかに大切か、栄養のバランスはどうか等についてご指導いただきました。これに併せて、調理場で給食をつくられている職員の方々が平素からいかに神経を使って給食を作っておられるか、また、調理の過程はどうか等のお話をいただきました。今日は、お礼と感謝の気持ちを込め、健康委員会の委員長・副委員長が調理場で感謝状をお渡ししました。
 

生徒会主催行事

新春百人一首大会(1月20日)
生徒会主催新春「百人一首大会」
をしました。今日は「大寒」の日で、雪や雨が降っていますが、熱気十分に取り組みました。時に、「ハイ」という気合いの入った声を聞くことができました。
 

百人一首

部活動紹介

オリエンテーション

25日の写真

7月生徒集会
7月生徒集会(7月4日)
本日、生徒集会をしました。
最初に夏季総体の表彰伝達を行い、続いて、生徒会より「品格教育の目標」、
学級委員会から「今週の目標」について発表があのました。
今月の品格教育目標は、「公共の場にふさわしい行動をしよう。」で、
挨拶や掃除をきちんとしましょうと、呼びかけがありました。
最後は、豊田先生より発表があり、「指示待ちで動くのではなく、場の様子を感じて主体的に動きましょう。」との話がありました。

 
健康教育「歯」
歯と口の健康を目指して(6月8日)
本校学校歯科医 名越 厚 先生をお迎えし、「歯と口の健康」と題してご後援をいただきます。もちろん、健康委員会の発表もあります。

歯や口の健康について、
1日3回、3分間、食後3分以内に(333運動)に取り組むことの大切さを説明されました。
 
生徒総会開催
チーム哲多 生徒総会開催(5月11日)
生徒総会をしました。本年度の生徒会スローガンは、
①あいさつ・笑顔の絶えない学校
②一丸となって取り組む「チーム哲多」
③迷惑をかけない・ルールを守る哲多中 が提案され、承認されました。
続いて、平成28年度の活動計画、予算案が提案・可決されました。
生徒会長を筆頭に、司会者、専門部長みんなが落ち着いた態度で発表しました。特に、各クラスからの建設的な質問や意見がたくさん出ていたことが良か
ったと思いました。チーム哲多のGood start ができたように感じました。
 

チーム哲多 生徒総会

日誌
生徒会活動
2015/10/14

新執行部、最初の活動です

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校長
10月14日(水)新執行部最初の活動ーーあいさつ運動

「おはようございます!」  「おはようございます」  今日の天気と同じよう気持ちのいいスタートが切れました。一年間がんばってください。
13:51 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2015/06/02

生徒集会

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校長
毎月、月初めに生徒会主催の集会を行っています。6月は一日に、行いました。月間目標の反省や発表、月ごとのテーマについての発表などを行って、自主的な活動を進めています。今回は6月1日からの「いじめ防止週間」について、学級ごとに、いじめをなくすための目標や決意を学級委員が発表しました。

09:24 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)